辛い経験が教えてくれること

誰にでも仕事が途中でうまくいかなくなってしまったり、失敗してしまったりという辛い思いをすることが人生の中で一度や二度はあるものです。うまくいかない時や失敗した時はとても辛い思いをしますが、人は挫折を味わうと大きく成長するとも言われます。

仕事と言っても実に様々な業界がありますが、特に挫折の苦しみが大きいとされるのが看護師などの命に関わる仕事です。命を助けられなかったのは自分のせいかもしれない、と過去を思い悩む人は数多くいます。そんな看護師こそ、挫折との向き合い方を一番心得ておかねばならない立場だといえます。

途中でうまくいかなくなった時、そこで諦めてしまう人と諦めずに継続して挑戦する人に分かれます。諦めてしまえばそこまでですが、継続して諦めない人はうまくいかなかった理由を考える力と継続する力を身に付けることができるのです。考えることが自然に身に付き同じ失敗を二度と繰り返さないように行動できるようにもなるのです。そう考えると「失敗は成功のもと」と言われるのも納得できます。

さらに、失敗をして辛い経験をすると人の心の痛みがわかるようになるので、今までよりも一層人に対して共感ができるようになります。人の心の痛みがわかるようになるということは、看護師にとっても自分自身にとっても大切なことなので、人生で非常に価値のある経験をしたといえます。こうしたことを考えると、失敗は後々人生に大きくプラスになるということを理解することの重要性が伺えます。辛い思い出を辛いままにせず、向き合うことで新たな自分に出会えます。諦めて逃げるばかりの人生を送って後悔しないためにも、挫折の乗り越え方を頭に入れておきましょう。

失敗は成功のもと、継続は力なりという言葉がとても意味のある言葉だということがわかります。仕事で成功を収めている人の中には人生は挫折の連続で成功はほんのわずかだ、と表現している人もいます。成功している人の言葉でもあり説得力があります。挫折した時は辛いですが乗り越えることで人の器も大きく成長させてくれるチャンスととらえるのがいいのかもしれません。